サラダ街道ふれあいの里通信

小野御柱ツアー開催!(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、サラダ街道ふれあいの里通信です。

大型連休となった今年のGW、塩尻では昨年の諏訪に続いて御柱祭りが盛大に執り行われました。
サラダ街道ふれあいの里では、7年に1度の貴重な機会に御柱祭りを間近で体感してもらうイベントを企画し、皆様に参加していただきました。
今回は、その模様をダイジェストでお届けしたいと思います。

まず、5/3の御柱祭り初日、塩尻駅に降り立ったお客様をお迎えしてマイクロバスで北小野地区に向かいます。
北小野地区には美勢商事さんが管理する民家を改装したゲストハウスがありますので、まずはそこで法被に着替えて鏡割りをして景気づけ、いざ曳御柱へ・・・の予定だったのですが、一つ危惧していたトラブルが発生してしまいました。移動で時間が押してしまい、参加するはずだった曳御柱がなんと参加する前に神社についてしまったのです。ひとまず曳御柱は翌日に再度行うということにして、仕切り直して鏡割りから小野御柱ツアースタートです。ゲストの子供たちに元気よく鏡割りをしてもらいました。

用意したお酒は塩尻の誇る銘酒笑亀の特別醸造酒です。酸味と甘みの調和したとてもおいしいお酒でした。

そして乾杯の後は、塩尻の中華の名店中信会館龍胆さんの特製仕出し弁当に舌鼓

美味しいお弁当を頂いた後はいよいよメインイベントの建御柱見学です。

まず、神社に曳き付けられた御柱を立ち上げる位置まで移動させます。

そして、氏子さんたちを乗せていよいよ建御柱の開始です。

勇壮なラッパ演奏や長唄などが響き渡る中、跨った氏子さんたちを乗せたまま徐々に御柱が立ち上がり、盛り上がりを見せる小野神社

間近で見ると大迫力に圧倒されます。

かなり高くまで立ち上がっています。管理人は高所恐怖症なので見てるだけで足が震えます・・・

今年は酉年だからでしょうか?酉の扮装?をした氏子さんが宙を舞っています。

そしていよいよ御柱が立ち上がり、見得を切る氏子さんたちに盛大な拍手が送られました。

この後、太鼓の奉納があったり、騎馬行列があったり様々な催しが会場を盛り上げていました。

小野御柱祭りは、例年1万人以上の観光客を集める盛大なお祭りです。
次の開催は7年後ですが、7年待っても見る価値があります。

さて、小野御柱ツアーの初日は祭りを存分に堪能して入浴、昼食、就寝となりました。
翌日は、初日にできなかった曳御柱からスタートです。

<後編に続く>

おまけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プライベートワインを作りましょう

塩尻産ぶどう100%の日本ワインを
お好きなプライベートラベルで楽しみませんか?

お申し込みはこちらから

サラダ街道ふれあいの里

コメントを残す

*

CAPTCHA