ワインに合うレシピ

ローストビーフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワインのおともに最適な美味しいレシピを紹介します。
第20弾は、ストウブ鍋で作る定番のローストビーフを赤ワインソースで頂きます。時間はかかりますが調理工程は単純で放っておくだけなので、コンコードワインを飲みながらゆっくり待ちましょう。

材料
牛肉 500g
玉ねぎ 半玉
にんにく 1片
塩コショウ 適量
—-ソース—–
赤ワイン 50ml
醤油 大匙1
砂糖 大匙1
バター 大匙1

IMG_4243

作り方
牛肉は食べる8時間以上前に冷蔵庫から出して置き、3時間ほど放置して常温に戻します。

厚手の鍋(ストウブ20cm)ににんにくの薄切りとオリーブオイルを敷き、弱火にかけておきます。

IMG_4245

常温に戻した肉に塩コショウを強めにこすりつけておきます。

IMG_4247

別のフライパンを強火で熱してオリーブオイルを少々敷き、肉の6面を焼き付けて焦げ目をつけます。

IMG_4251

厚手の鍋に焼いた肉を入れて蓋をします。

IMG_4254

IHのメモリ2又はガスコンロの再弱火で5分加熱して火を消し、肉をひっくり返してすぐ蓋をして10分放置します。
10分後鍋から肉を取り出し、アルミホイルでくるみます。

IMG_4257

布巾をかけ、4時間ほど放置します。余熱でじっくり火を通すのがコツです。

IMG_4258

肉を放置する間にソースを作ります。
肉を焼いた鍋にバター15gを溶かします。

IMG_4262

醤油、砂糖大匙1、赤ワイン50mlを鍋に入れて中火で煮詰めればソースの完成です。
強めの味付けが好きな場合は醤油をもう1匙足してください。砂糖の代わりにはちみつでもよいです。

IMG_4266

4時間後、食べる直前に肉をカットします。焼き加減は好みですが、肉をしっかり休ませることで肉汁が肉に戻りしっとりした食感になります。ちなみに、ローストビーフをおいしく食べるコツは焼き加減というよりはカットの仕方にかかっていると思います。なるべく切れ味の良い包丁で薄くスライスしましょう。厚いと食感が悪くなります。

IMG_4267

スライスした玉ねぎを敷いて肉を皿に盛り、ワインソースをかけていただきます。お好みでホースラディッシュを添えてください。ご飯の上に盛ってどんぶりにするのもおすすめです。
いずれにしてもコンコードワインによく合いますので皆様もぜひお試しください。

IMG_4274

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プライベートワインを作りましょう

塩尻産ぶどう100%の日本ワインを
お好きなプライベートラベルで楽しみませんか?

お申し込みはこちらから

サラダ街道ふれあいの里

コメントを残す

*

CAPTCHA